銀の表記について 

 最近シルバーアクセサリーの表記で「シルバー925が最高級」とか「純銀(シルバー925)」などというのを見かけます。950とか925とは銀の純度を1000分率で表したもので1000(実際には999.9)が純銀またはサラ、950は銀95%銅5%、925は銀92.5%銅7.5%です。純度だけでみますと、この中で925は最低です。最高級というのは根拠がありません。ただ925は俗にスターリングシルバーなどというので、なにか特別なものを感じるのかもしれません。また「純銀(シルバー925)」という表記は金に置き換えると「純金(K-18)」と言っているのと同じ事になるので問題があるように思います。また銀に銅を混ぜるのは、硬くするためです。925を使っているものはほぼ、キャスト(鋳造)で。同じものを大量生産できます。手作りでは950が一般的です。925ほど硬くなく、程々の堅さで扱いやすいからです。
ですから当店ではシルバー950を使用して。手作りで制作しているのです。

シルバーアックス 店長 斉藤和史


 戻る